中卒でも保育士になれる方法とは

中卒でも保育士になれる方法とは

最近では男女問わず特に保育士という仕事が人気があり、
子供が好きだという人やもともと兄弟がいて誰かの面倒をみることが好き、
誰かの役に立ちたいという人が特に保育士を目指す傾向にあり、そういった人がたくさんいるということですね。

 

中卒だから絶対に保育士になれないということはありませんが、
高卒資格が必要となり、資格を得るための道のりは決して簡単ではないことだけは理解し、チャレンジしましょう。

 

 

それはあくまで高校に通うのではなく、資格として高卒という資格をとる必要があるということです。
高卒認定試験を経て高卒資格をとればそこからはまたいくつかの方法で保育士への道を進めますよ。
資格取得後に保育士の専門学校に通って卒業するか
養成課程がある大学に進学して卒業できれば自動的に保育士の資格を取得することができます。
高卒認定試験(大学検定)は最短で6ヶ月で取得できるので本当に頑張り次第ですよ。

 

 

他の方法としてはやはり、高卒資格は必要ですが、
児童福祉法に定められている児童福祉施設で2年間働いた
経歴をもってそれぞれの都道府県知事が資格があると認めれば保育士として働くことができます。
この場合は規定の試験があり、2年間働いたあとに受験資格を与えられるので前もって実地でしっかり学ぶことができますよ。
この方法を使う場合はとても細かい決まりがあるので予め調べてみてくださいね。

 

 

今、待機児童が問題になっていますが、
必要な場所に必要な施設設備さえ整えば保育士が本当に必要になってきます。
あくまで保育園に預けたいと思っている人たちが都心部に集中してしまっていることによって
児童待機が生まれる形になり、保育士も資格を持て余している状態なんです。
待機児童問題が注目されている現状がある限り改善される可能性は大いにあります。

 

改善されたときに必要とされる保育士はとても多いはずですから、
時間をかけてでも保育士の資格をとる価値はあるんじゃないでしょうか。