不登校から高卒資格を得たい

不登校から高卒資格を得たい

小学校や中学校、高校とクラスに一人は不登校になってしまっている子がいませんでしたか?
家庭の事情だったりいじめが原因になってしまっていたりと、どの時代でも不登校になってしまう子がいます。
不登校という言葉、実は文部科学省ではっきりと定義付けられているって知っていましたか?
簡単に説明すると、病気や怪我、経済的な理由以外で
年間30日以上欠席している人のことを不登校と定義しているらしいですよ。

 

 

だいたいは年を重ねるごとに不登校の人数は増えていく傾向にあるようですが、
その要因は環境の変化についていけないことや一度不登校になるとそこから
抜け出せなくなってしまうからということが多いようですね。

 

小学校6年生で不登校だった人数が中学1年生になると
だいたい3倍ほどの人数に増えてしまうようで、
特に環境の変化が著しいこの時期には仕方ないといえば仕方ないのかもしれませんが・・・。

 

 

年代によっても不登校になる理由やきっかけは異なってきますが、
平均すると次のような理由で不登校になるケースが多いそうですよ。

 

・いじめ以外の友達関係の問題・・・18.4%
・家庭内(親子関係)の問題・・・11.1%
・学校の勉強についていけない・・・9.6%
ごくごく一部ですがこういった理由が多くあげられるようですね。

 

 

不登校になった際の勉強は方法はいろいろあってもなかなか難しいですよね。
不登校になって学校以外でも外に出ることさえ苦手になってしまうようなケースもあるので
予備校や塾に通うということも難しいでしょうし、学校に通わなければなかなか卒業も難しいですよね。

 

アメリカなどではホームスクールといって今話題のタブレットやスマートフォンを
利用した勉強方法が普及しているそうで、アメリカのホームスクールの場合は高校卒業資格をとれる方法もあるそうですよ。

 

 

日本でも少なからずホームスクールをとりいれているところもあるようですが、
アメリカのように高卒資格まではとれないのでまだまだ課題の残る制度になってしまっています。
今は通信制高校や定時制高校でないと日本は取れませんね。